黒ニキビは潰してはいけない?

 

肌にニキビができてしまったとき、思わず爪で潰してしまう人は多いのではないでしょうか?
特に黒ニキビは放っておくと目立ちますし、洗顔などで綺麗にするのも時間がかかります。
潰してしまった方がすぐ目立たなくすることができるのでつい爪などで対処してしまいがち…。
ですが、実はそれは肌にとってNG行為なんです!

 

ここでは黒ニキビを潰してしまった場合、
肌にどんな影響があるのかを説明します。

 

黒ニキビってどんなもの?

 

 

ニキビというと鼻や口まわり、おでこにできる白っぽいできものが一般的ですよね。
そのニキビのことを白ニキビと言いますが、
黒ニキビはその白ニキビの皮脂が酸化したり、
メラニン色素が沈着して黒くなってしまった状態のことを言います。

 

毛穴に詰まってから時間が経っていることが多い為、
綺麗にするのにも時間がかかります。

 

黒ニキビを潰すことで起こる肌トラブル

 

 

爪などでつい潰してしまいがちな黒ニキビ。
ですがそれを繰り返すことで肌トラブルに繋がり、
ケアも大変になってきます。
ではどんなトラブルが起きやすくなるのか、詳しく説明していきます。

 

ばい菌が入り込んで悪化する原因に

 

爪などで潰すとそこからばい菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう場合があります。
炎症が起きると赤く腫れたり膿んだりして余計に目立ってしまい、治りもますます悪くなります。

 

またピンセットや角栓を取り除く専用の器具も、
そこにばい菌がついていれば黒ニキビは悪化してしまう可能性があります。

 

シミができやすくなる!

 

ニキビを潰すということは肌の細胞を破壊するということです。
そうすると肌は細胞を守ろうとしてその部分のメラニン色素を活発にさせます。
メラニンが増えたニキビ跡は日焼けしやすくなり、
年齢などで肌の再生力が落ちてくるとシミとなって現れます。

 

肌が分厚く、凸凹になる

 

肌の細胞が破壊されると、肌は刺激から守るためにさらに皮膚を分厚くします。
そのため化粧品の成分がなかなか浸透せずに、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

またニキビを潰すと肌が傷ついて凹み、繰り返すことで凹凸の目立つ肌になってしまいます。

 

ニキビを増やす原因に

 

ニキビを潰すと詰まっていた細菌が外に排出されます。
それが広範囲に広がることで、潰した箇所以外にもニキビができてしまう可能性があります。

 

またニキビを潰した箇所は毛穴が開いている状態です。
そのため常にばい菌が入りやすく、また新たにニキビや炎症を引き起こす原因にもなります。

 

 

できた黒ニキビは触らないこと!

 

鏡を見て黒ニキビができているのを見つけるとどうしても気になってしまうものですが、
触ったり潰したりすれば悪化する原因になります。それどころかその後の肌にも悪影響を及ぼします。

 

綺麗な肌を保つために、時間がかかっても洗顔、化粧水、医薬品などで地道に治していきましょう。
「リプロスキン」という化粧水ならニキビの炎症を抑える成分も配合されていて、
跡も残さず綺麗な肌にしてくれます。
肌に優しいケアで、すべすべの柔らかい肌を手に入れてくださいね。