黒ニキビは目立つものですので、爪で潰してしまう人も多いようです。しかし、爪で無理やり押し出すと皮膚に傷がついて炎症を起こす恐れがありますし、その傷が原因で色素沈着につながる恐れもありますので危険です。確かに潰すと見た目には良くなっているように感じますし、実際に毛穴の中からは黒い角栓が見えなくなります。黒い角栓は分泌された皮脂が長期間留まることで酸化してしまったものであり、ニキビとしてはまだ初期の段階です。初期の段階であってもメイクでは隠しきれない位の症状であることも多いので、そのままにすることはできません。
黒ニキビを治したい時には洗顔方法を見直すことが大切です。洗顔はただ洗えば良いというわけではなく、毛穴の奥深くまで綺麗にすることを心がけます。通常の洗顔では力を入れてゴシゴシとこすっても、表面の皮脂や汚れが取り除かれるだけです。力を入れてこすることで負担がかかり、皮膚が硬くなったりメラニン色素の生成が増える恐れもありますので、ゴシゴシとこする洗顔では解決できないことが分かります。
理想とされる洗顔法では、泡の力を利用します。いつも使用している洗顔剤でも良いのですが、事前によく泡立てて顔につけます。泡にすると力を入れてこすらなくても自然に汚れや皮脂を吸着することができますので、優しく不要なものを取り除くことができます。泡を上手く作れない時には、泡立てネットを活用するという方法もあります。キメの細かな泡を作れば作るほど毛穴を効率良くクリーンにすることができますので、自分なりにキメの細かな泡を作る方法を考えてみても良いかも知れません。
長期間ケアを行っているのにも関わらず黒ニキビが改善されない時には、潰して強制的に取り除くという方法もないわけではありません。ただし、この方法にはリスクがありますので、皮膚の敏感な人や弱い人は行わない方が無難です。鼻のように潰せばすぐに角栓が出てくるような箇所では、潰して中身を押し出して、その後にしっかりと保湿ケアを行っておくことで短期間のうちに目立たなくなります。押し出した後に何もしないと毛穴がぽっかりと空いた状態になってしまいますので、より皮脂の分泌が活発になり新たな黒ニキビの原因になりますので気をつけなければなりません。また、毛穴の閉じが悪い時には収れん化粧水のように毛穴を引き締めてくれる化粧品を使うことも大切であり、なるべく早く閉じるように促します。